包丁をスタンドに

包丁をスタンドに収納する利点と注意点


包丁を使用しない時にはシンク周りの扉の裏側などに収納していたり、水切りなどに置いたままで使用している場合があるかもしれません。

しかし、場所によっては複数の包丁が重なって入れられていたり他の調理器具と一緒になっていたり、水切りに置いたままなどでいるといざ使用する際に手が刃に触れてしまう危険性があります。そして、シンク周りの扉の裏側や水切りのような取り外したり、動かしたりできない場所は、頻繁に使っていると汚れなどが気になってしまう場合もあります。

そのため、現在では包丁を収納するための専用のスタンドなどがあります。包丁専用のスタンドを使って収納することで、複数の包丁が重なったり他の調理器具と一緒になることなく安全に使用することができますし、スタンドによっては取り外したり分解したりすることができるタイプもあります。そのため、頻繁に使用していて汚れなどが気になった際にはすぐに洗うこともできます。

そして、スタンドによっては、刃の部分だけをスタンドに収納するデザインのものがあります。刃の部分がガードされているので、取り出す際に持ち手の部分だけを持つことができます。

そのため、目が不自由な方などが、包丁を取り出す際に刃の部分に触れてしまって手を傷つけたりする心配が少ないので、安全に使用することができます。

しかし、頻繁にスタンドを使用する際には注意するポイントがあります。包丁をスタンドに入れる際に汚れや水滴などがついてしまっていると、スタンドの中に汚れや水分などが溜まってしまって不衛生になってしまいます。

そのため、スタンドに入れる際には汚れなどを洗い流すことや包丁についている水滴などをふき取ってから入れることがポイントです。

そして、清潔さを保って長く使い続けるためには、定期的にスタンドに溜まっている汚れなどを洗い流して、中まで十分に乾燥させてから使用することもポイントです。そのほかにも、料理をしていて包丁を使用しない際にまな板などの上に寝かせたままにしてしまうと、モノがぶつかった時や急な揺れなどが生じた時などにとても危険です。

そのため、料理の途中でも使用しない場合にはまな板などに置いたままにしておくのではなく、スタンドなどを使用することが安全です。しかし、包丁やスタンドの清潔さを保つためには、汚れたままでは入れるのではなく、汚れや水滴などをふき取ったりきれいに洗い流してから収納することが大切です。