おすすめ包丁

おすすめの包丁について


料理をする際に必ず必要になってくるのが包丁です。しかし、お店に行けばとてもたくさんの種類の包丁が売られているため、どれを購入したらいいのか迷う方がほとんどだと思います。特に初心者の方や、料理をあまりされない方はなおさらわからないと思います。

そんな時におすすめなのは、三徳包丁です。これは、初心者の方にも特に人気のあるものとなっています。三徳包丁は、お肉でも魚でも野菜でも何でも切ることが可能です。

ほとんどの家庭には一本あることが多いです。これが一本あれば、たいていの料理には対応できるため、ひとり暮らしの方や料理をあまりしない方でも、これを一本持っていればとても便利です。また、牛刀も家庭で使うにはおすすめの包丁です。

牛刀も、三徳と同じでお肉でも魚でも野菜でもなんでも切ることができます。そのため、家庭に一本あればとても重宝します。三徳と牛刀の違いは、刃の長さです。牛刀は先が尖っていて、三徳より長めになっています。そのため、料理初心者の方やお子さんの場合は取り扱いに注意する必要があります。

しかし、刃が長い分、大きな野菜や果物が切りやすいというメリットがあります。例えばスイカなども、三徳ですと一回では切れない場合が多いですが、牛刀でしたら一発でスパッと切ることが可能です。また、大きな白菜などもそうです。大きな食材も、一発でスパッと気持ちよく切ることができるのは、三徳よりも牛刀です。

そのため、料理好きな方や毎日料理をされる方などは、三徳では物足りなく感じて、牛刀を使っておられる方が多いかもしれません。料理のプロもほとんどが牛刀を使っています。もし、今三徳を家庭で使われていて、少し物足りなさを感じている方がおられましたら、牛刀に買い換えてみられることをおすすめします。

切れ味もいいですし、魚の筋をとったりする際にも便利ですので、料理をされる方は牛刀の方が使いやすいかもしれません。また、ペティナイフも家庭に一本あればとても便利です。ペティナイフは、果物の皮をむいたり、野菜の皮をむいたり細かい作業をするのにとても向いている包丁です。

ちょっとした果物を切ったりするときに一本あれば便利です。三徳や牛刀と違って、包丁自体も小さめですし、持ちやすく、高齢者の方でも扱いやすいというメリットがあります。ケーキなどのお菓子を切る際にもむいており、一本購入しておくととても重宝します。家庭におすすめなのは、三徳包丁や牛刀、ペティナイフです。